120th ANNIVERSARY PROJECT

創立120周年記念事業について

「個性を重んじる少人数教育と高度な英語教育により、高い専門性と豊かな教養を身につけたオールラウンドな女性を育成する」という創立者・津田梅子の教育理念のもと、津田塾大学は、男性と協同し対等に力を発揮できる女性リーダーを多数輩出してきました。
2020年に創立120周年を迎える津田塾大学では、社会を変革し、新たな時代を切り拓ける女性の育成をさらに発展させていきます。『建築』『イベント』『出版』『記念式典』『寄付』5つの事業を柱に、120年にわたって蓄積した英知を集結させ、本学の将来を見据えた記念事業を推進しています。

MESSAGE

理事長・学長メッセージ

創立者 津田梅子は、「男性と協同して対等に力を発揮できる女性の育成」を目指し、1900年(明治33年)に女子英学塾を設立しました。女性の高等教育に力を注いだ津田梅子のスピリットは、学生の個性を重んじる少人数教育と高度な英語教育を軸として、今日の津田塾大学に脈々と受け継がれています。このたび創立120周年を迎える津田塾大学は、伝統を生かしつつ時代の要請を取り入れ、さらに充実・発展してまいります。どうぞご期待ください。

津田塾大学 理事長

島田 精一

津田塾大学は2017年度、「Tsuda Vision 2030」を策定しました。本学のモットーは「変革を担う、女性であること」。そして、ミッションステートメントに「弱さを、気づきに。強さを、分かち合う力に。不安を、勇気に。逆境を、創造を灯す光に。」と謳いました。「変革を担う」力量に溢れた津田梅子が創設した本学ですが、その120年の歩みはまさにこのステートメントとともにありました。予測のつかない未来であっても、力強く歩んでいける女性の育成に、今後とも邁進してまいります。

津田塾大学 学長

高橋 裕子

MEMORIAL PROJECT

創立120周年記念事業

2020年に創立120周年を迎える津田塾大学では、社会を変革し、新たな時代を切り拓ける女性の育成をさらに発展させていきます。
そして以下5つの事業を柱に、120年にわたって蓄積した英知を集結させ、本学の将来を見据えた記念事業を推進しています。

建築事業

マスターアーキテクトとして世界的な建築家・藤本壮介氏を代表に迎え、校舎の将来的な建替えも視野に入れた小平キャンパスのマスタープランを進めていきます。

イベント事業

120周年にふさわしいゲストを迎え、各種イベントを開催します。随時TOPICSページにてお知らせいたします。

出版事業

特設サイトを設け、本学の教育の成果を体現する卒業生を紹介します。

記念式典

津田梅子記念会に合わせ、120周年にふさわしい式典を計画してまいります。

寄附事業

女性のキャリア支援/インクルーシブ・リーダーシップ育成」「理系教育(サイエンス・マインド)強化」「国際化推進」「『英語の津田』のさらなる強化」を推進してまいります。